ISO9001やISO14001を取得する|企業内での情報管理

IT

顧客満足に取り組む

パソコンと人

会社全体で取り組む顧客満足

顧客に製品やサービスを提供していくにあたっては、さまざまな工程があります。例えば、製造物を提供していく場合には、原料の調達から、加工、検査、保管、納品といった工程があります。こういったそれぞれの工程、すべてが基準以上の仕事をこなして、はじめて通常のサービスが成り立つわけです。そのためには、それぞれが顧客満足という共通の目標に向かって取り組み必要があります。以前、取得自体が目的になっていた時代もありましたが、現在、ISO9001を運用している会社では、これらのISO9001を理解し、真の取り組みが実現できているところが継続維持している場合が多くなっています。これからは成熟したISO9001が発展していくことが期待されています。

ISO9001に関わる人たち

このISO9001という規格は、国際規格でグローバルな取り引きをする上で、その企業がどういった取り組みをしているのか、わかりやすく伝えるための手段としての位置づけもある規格です。この規格を取得するためには、日本で審査機関として認められた機関に審査のお願いをする必要があります。審査を受ける側の企業は、専門のコンサルタントなどと相談しながらISO9001の品質システムを構築し、取り組み始めてから一定期間、運用している記録を残します。そして、審査機関は、審査員を派遣し、その会社の取り組みが規格に適合しているか、自社での取り決めに適合しているか、を確認するわけです。この審査をする人は、当然、規格ごとに審査資格を持った人が実施していくわけです。

コスト削減といったメリット

ISO9001の他にも、企業にとって重要な指標となる国際規格が存在します。その国際規格というのはISO14001と呼ばれるもので、「環境マネジメントシステム」に関する国際規格です。ISO14001の認定・取得を受けている企業というのは、日々の企業活動において地域における環境に悪影響を出していないという証明を行なうことができます。それは、環境貢献を行なっている価値のある企業といった好印象を地域住民に与えることができるだけでなく、企業自体の信頼性にも大きく影響するでしょう。ISO14001の認定・取得には、企業のイメージアップの他にも、コスト削減といったメリットがあります。環境への影響を最小限に抑えるためには、資源を効率的に使用しなければなりません。例えば、企業内におけるペーパーレス化であったり、再生紙の利用であったり等が簡単な例として挙げられます。そういった細かい資源活用によるコスト削減であっても、多岐に渡る企業活動全体で見れば大きなコスト削減に繋げていくことができるのです。

IPSで守る

婦人

サイバー攻撃の種類の1つが、標的型攻撃です。標的型攻撃とは、名前の通り特定の相手を狙って、重要な情報を不正な方法で取得する攻撃のことです。その標的型攻撃から守るシステムとして、IPSがあります。

Read More

ウイルスに気をつける

メンズ

ネットワークが普及したことで、ネットワークセキュリティが必要不可欠なものになっています。ただ、ネットワークセキュリティにも脆弱性があります。ウイルスもその部分を狙ってくるのです。ですから、これからはその変化に敏感になる必要があります。

Read More

セキュリティーのために

オフィス

企業では多くの機密文書を扱います。その機密文書が大量にある場合は、処理も難しくなります。そこで専門業者に依頼しましょう。信頼できる専門業者に依頼することで、確実に安全に機密文書を処理することができます。

Read More